DeNA東、開幕アウト 左肘の違和感「正直怖さがある」

[ 2019年2月7日 05:30 ]

DeNA・春季キャンプ ( 2019年2月6日 )

ベースランニングする東(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 左肘の違和感で2軍キャンプに参加中のDeNA・東の開幕が絶望的となった。5日から再開したキャッチボールはこの日も約20メートルの距離。「痛みや違和感もなく投げられている。順調に来ていると思います」と明るい表情を見せたが、開幕については「まだ分からないが、正直怖さがある。開幕に合わせて後々ケガをするより、戻ってから長くやった方がいい」と慎重な姿勢を示した。

 昨季チームトップの11勝を挙げ新人王に輝き、今季の開幕投手の最有力候補だった左腕。今後は2月下旬のブルペン入り、さらに3月中旬の実戦復帰を目指す。「焦りは全くない。体のバランスをもう一度見つめ直そうと思ってやっています」とまずは土台作りに励んでいく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月7日のニュース