西武・内海、由伸氏の前で最多110球「力みもあった」

[ 2019年2月7日 05:30 ]

西武・春季キャンプ ( 2019年2月6日 )

高橋由伸氏(右)と談笑する内海(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・内海がキャンプ地を訪問した巨人前監督・高橋由伸氏の前でブルペン投球を行った。

 連日のブルペン入りは今キャンプ初で、最多の110球を力投。時折首をかしげ「バランスが良くなかった。修正しようと思って球数が多くなった。なんとか見せたいという力みもあった」と振り返った。高橋氏は「環境が変わって疲れているというのが投球に出ていた。これから上げていってほしい」とエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月7日のニュース