ソフトB王会長、8年目・釜元を熱血指導「打つときは下半身で」

[ 2019年2月7日 05:30 ]

ソフトバンク・春季キャンプ ( 2019年2月6日 )

釜元(左)を指導する王会長(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 8年目のソフトバンク・釜元が王会長から熱血指導を受けた。

 スイングの際の上半身と下半身のバランスについて指導され、「実際にボールを打つときは下半身で一生懸命振った方が、芯に当てられる」とアドバイスをもらった。特打では一度、肩にバットを置いて振るなど脱力打法を試し、「感覚は良かった」と手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月7日のニュース