ソフトB ドラ1・甲斐野、早くも150キロマーク!ギータのバットを真っ二つ

[ 2019年2月7日 14:55 ]

ソフトバンク・春季キャンプ ( 2019年2月7日 )

<ソフトバンク春季キャンプ>フリー打撃に登板する甲斐野(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのドラフト1位・甲斐野央投手が7日、宮崎キャンプで初めてフリー打撃に登板し、早くも150キロを計測した。

 上林、柳田を相手にオール直球の37球を投げ、安打性の打球はわずか3本だけ。最速159キロを誇る右腕は「力んだ。自分のボールを投げることを意識した」と振り返ったが、昨季首位打者に輝いた柳田に対してはバットを真っ二つに折るシーンもあり、球場中をどよめかせた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月7日のニュース