日本ハム・ドラ5の柿木 吉田輝が見つめる中3度目ブルペンで57球「目的を持って投げることができた」

[ 2019年2月7日 17:09 ]

<日本ハム2軍キャンプ>ブルペンで投げ込む柿木。左は吉田輝(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 大阪桐蔭のエースとして昨年の春夏甲子園を連覇した日本ハムのドラフト5位・柿木蓮投手が7日、2軍の沖縄キャンプで3度目のブルペン投球を行った。

 後ろで同期のドラフト1位・吉田輝(金足農)が見つめる中で、直球にスライダー、フォークを交えて57球。「今日は目的を持って投げることができた。1球1球、打者を意識して投げられた。3回のブルペン投球の中で一番よかった」とコンディションも徐々に上がっている様子だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月7日のニュース