ソフトBドラ7奥村、フリー打撃登板 29球で安打性3本「持ち味出せた」

[ 2019年2月7日 05:30 ]

ソフトバンク・春季キャンプ ( 2019年2月6日 )

打撃投手を務めた奥村(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのドラフト7位・奥村(三菱日立パワーシステムズ)がフリー打撃に登板。西田と牧原に29球を投げ、安打性の当たりは3本だった。

 最速は144キロ。「投げながらタイミングをずらして反応を見た。持ち味は出せた」と振り返った。倉野投手コーチは「ブルペンより実戦派という印象」と評価していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月7日のニュース