輝星“金足農流調整”で原点回帰だ「良い球が投げられた」

[ 2019年2月7日 05:30 ]

日本ハム・春季キャンプ ( 2019年2月6日 )

キャッチボールする吉田輝(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 沖縄・国頭村での2軍キャンプで日本ハムのドラフト1位・吉田輝(金足農)が原点回帰だ。本人も不調を口にしている中、加藤2軍投手コーチから「高校の調整法をやってみれば」と助言をもらい、全体練習後に約50メートルの距離でキャッチボールを行った。

 「調子が良いと風を切る音が聞こえる」という練習で「球が上にいってもいいから勢いを意識。良い球が投げられた」と話した。7日に3度目のブルペン投球を行う予定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月7日のニュース