ダルビッシュ 日本ハムキャンプ電撃訪問 ブルペンで上沢、金子らに熱視線

[ 2019年2月8日 03:00 ]

<日本ハムキャンプ7日目>日本ハムのキャンプ地を訪れ栗山監督とブルペンを見守るダルビッシュ(左)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 米アリゾナ州で行われている日本ハムの1軍春季キャンプは7日(日本時間8日)、第2クール4日目の練習がスタート。球団OBで現カブスのダルビッシュ有投手(32)が栗山監督やナインを激励するために同地を電撃訪問した。

 チームの最初の休日だった3日には同州の滞在先に宮西、中田、清宮らを招待。その様子をインスタグラムに投稿し「リラックスできました」とつづっていた。メジャー移籍後も古巣と良好な関係を維持しており、毎年、キャンプ地を訪問している。

 ダルビッシュはブルペンで栗山監督にあいさつ。開幕投手候補の上沢、前オリックスの金子らの投球練習を栗山監督とともに見守った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月7日のニュース