中日ドラ1根尾は完全休養 道具は試行錯誤 新グラブも注文

[ 2019年2月7日 05:30 ]

中日・春季キャンプ ( 2019年2月6日 )

中日・根尾(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 沖縄・北谷キャンプ初の休日となった中日のドラフト1位・根尾(大阪桐蔭)は球場に姿を見せなかった。1月23日に右ふくらはぎの肉離れとなって以降、患部の回復のため体を動かし続けたが、この日は完全休養。体を休める一方で、道具は試行錯誤を続けている。

 用具提供をするゼット社によると、バットは入寮時に910グラムのものを渡したが、キャンプインを前に軽い885グラムのバットを注文し使用。グラブも「すぐ使える」と柔らかい革のものを使っているが、沖縄の温暖な気候でへたるのが早く、新しいグラブが2月中旬に届く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月7日のニュース