リハビリ中の巨人・岩隈 遠投や強めのキャッチボールで調整「一昨日よりもよくなっている」

[ 2019年2月7日 17:31 ]

<巨人キャンプ>原監督(右)と話をする岩隈(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 巨人は7日、宮崎市内で春季キャンプ第2クールをスタートさせた。

 右ふくらはぎの違和感で1軍を外れてリハビリ中の岩隈は、スパイクを履き約50メートル間での遠投や、変化球も交えた強めのキャッチボールを行った。

 4日に患部を痛めたが、徐々に強度は上がっている。表情も明るく「一昨日よりもよくなっている。あとは足(の具合次第)かな。ブルペンも足の状態をみながら」と話した。13日から始まる沖縄2次キャンプでのブルペン入りを目指していく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月7日のニュース