DeNA・阪口 シート打撃に登板も制球乱れ「全然だめでした」

[ 2019年2月7日 17:46 ]

<DeNAキャンプ第2クール初日>シート打撃に登板した阪口。打者は伊藤光(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの阪口皓亮投手が7日、宜野湾キャンプで初めて行われたシート打撃に登板した。

 大和、宮崎ら打者10人を相手に計31球。被安打1も2四球を与えるなど制球が定まらず「全然だめでした。今まで積み上げてきたものが全く出せなかった。全体的に修正しないといけないと思います」と反省の言葉を並べた。

 初めて1軍キャンプに帯同している期待の2年目右腕。実戦形式でアピールすることはできなかったが「見られていることや主力の選手に投げて力が入りすぎていたかもしれない。よくなるとは思います」と修正を誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月7日のニュース