ロッテ・レアード 初屋外フリーも柵越え1本「すしを握るのがさまたげられた」

[ 2019年2月2日 19:44 ]

打撃練習するロッテ・レアード
Photo By 共同

 ロッテのブランドン・レアード内野手(31)は2日、移籍後初の屋外フリー打撃を行ったが、51スイング中柵越えは1本と消化不良に終わった。

 「少し、風が強かった。すしを握るのがさまたげられたよ」と苦笑い。

 ただ、全体メニューへの合流初日でもあり、心配はしていない。「しっかりした練習をしていけば移動や時差の疲れは抜けていく。このクール残り、3日間のうちに多くのすしを握れればいいね」と陽気に語っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月2日のニュース