阪神 新外国人ジョンソンが初ブルペン入り 安定した制球力光る

[ 2019年2月2日 12:24 ]

阪神の新外国人投手ジョンソン(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神に新加入した新外国人投手ピアース・ジョンソン投手(27)が2日、来日初めてプルペン入りした。

 他球団のスコアラーが視察に訪れる中、直球、カーブ、カットボールをまじえて34球。安定した制球力を見せた。

 17年にメジャーデビューを果たし、昨季はジャイアンツで計37試合に登板。3勝2敗の成績を収めた若き助っ人右腕。先月28日の入団会見では、守護神候補のドリスへつなぐ8回の男襲名に意欲を見せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月2日のニュース