西武ドラ1・松本 2日連続ブルペン入り 捕手・森「ガンよりも体感速度の方が速く感じるタイプ」

[ 2019年2月2日 13:55 ]

 西武のドラフト1位・松本航(日体大)が2日、キャンプ初日から連日となるブルペン入り。2日目で初めて捕手を座らせて31球を投げ込んだ。

 最速155キロを誇る右腕が投げる直球は球威があり、切れも抜群。球を受けた正捕手の森も「(スピード)ガンよりも、体感速度の方が速く感じるタイプ」と評した。見守った辻監督も「現時点では十分」と納得顔。エースの菊池がマリナーズに移籍し、駒不足は否めない先発陣。開幕ローテーション入りを目指す即戦力右腕への期待は日増しに高まっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月2日のニュース