入団時は投手でした…ロッテ福浦が打撃投手初登板 「だいたい入った」ストライクにホッ

[ 2019年2月2日 19:22 ]

 今季限りでの引退を表明しているロッテの福浦和也内野手兼2軍打撃コーチ(43)は2日、打撃投手で「初登板」を果たした。

 1年目の途中まで投手だった「きねづか」を生かし、2軍の若手のフリー打撃に付き合った。「とりあえず、ストライクを入れることだけ考えた。だいたい入ったね」とほっとした笑顔を見せる。

 この日は2軍の特打に混じり、ロングティーもしたが、大半の時間は指導に充てている。全体メニューと特打や居残りに付き合った後、日が落ちるまで筋力トレーニングに励む日々。「慣れないけど、少しずつやるよ。ただ、疲れたね」とほぼ倍になった「仕事量」に2日目にして、疲れ切った様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月2日のニュース