日本ハムドラ5柿木 ブルペンで42球 荒木2軍監督は高評価「吉田より状態いい」

[ 2019年2月2日 16:07 ]

<日本ハム2軍キャンプ>ブルペンで投げる柿木(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト5位・柿木(大阪桐蔭)が2日、沖縄県国頭村での2軍キャンプで初めてブルペン入り。捕手を座らせて、直球にスライダー、カーブ、フォークを織り交ぜて42球を投げ込み「今までで一番暖かいところで投げられたので、感触は良かった」と笑顔で振り返った。

 昨夏の甲子園優勝右腕。1位・吉田輝(金足農)と並んだ投球練習を見守った荒木2軍監督も「吉田よりも状態がいいかな。甲子園のときに近づいている」と高く評価した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月2日のニュース