巨人・上原 キャンプ初のブルペン投球 手術した左膝の踏み込みチェック「そことの戦い」

[ 2019年2月2日 14:31 ]

<巨人キャンプ>ブルペンで投げ込む上原(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 キャンプ2軍スタートとなった巨人の上原が、キャンプイン後初めてブルペン投球を行った。

 捕手を座らせて39球。ノーワインドアップ23球、セットポジションで16球と投げ分けた。「最初にしては、まあこんなもんでしょう。これからどんどん(状態を)上げていければ」とコメントした。

 昨年10月に左膝を手術しており、この日は、木佐貫2軍投手コーチらに左膝の踏み込みなどをチェックしてもらいながらの投球。「もちろん左膝は気にしないといけない。そことの戦いだから」。

 報道陣には開幕での復帰について問われると「開幕投手を目指して頑張ります」と冗談を交えて語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月2日のニュース