西武ドラ1松本航“オレ流”貫いた、「予定通り」捕手立たせて20球

[ 2019年2月2日 05:30 ]

ブルペン投球する西武・松本航(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武ドラフト1位の松本航(日体大)がブルペン入り。捕手を立たせて、予定通りの直球20球を投じ「予定通りできた」と納得の表情を見せた。

 ほとんどの投手が捕手を座らせる中でも、新人合同自主トレからの自分のスタイルを貫いて調整。初日を終え「緊張しました。慣れないことばかりで…」と言いつつ、「チームの雰囲気が良く、練習に集中できた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月2日のニュース