J・ロビンソン生誕100年イベント 大リーグ初の黒人選手称える

[ 2019年2月2日 05:30 ]

故ジャッキー・ロビンソン氏の生誕100年を記念したイベントに出席したレイチェル夫人(中央)=1月31日、ニューヨーク(AP)
Photo By AP

 大リーグ初の黒人選手、故ジャッキー・ロビンソンの生誕100年を迎えた1月31日、ニューヨークで功績を称えるイベントが開かれた。レイチェル夫人(96)らと共に出席したロブ・マンフレッド・コミッショナーは「野球の素晴らしい時代や米国の歴史に重要な意味を持つ瞬間に再び焦点を当てる、またとない機会」と語った。

 ロビンソンはブルックリン・ドジャースでデビューした47年に初代新人王、49年にはナ・リーグMVPを受賞。現役引退後は黒人の公民権運動に影響を与え、野球殿堂入りした。72年に53歳で死去。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月2日のニュース