清宮 初実戦10日紅白戦に出場意欲「100%に近づけるように」

[ 2019年2月2日 05:30 ]

集合写真撮影で笑顔を見せる清宮(中央)ら日本ハムナイン(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 日本ハムは1日(日本時間2日)、米アリゾナ州でのキャンプをスタートさせた。右手首の炎症から完全復活を目指す清宮は早朝に球場入りし「病み上がりで振る量も調整しながらになるけど100%に近づけるように練習していきたい」と意欲。チーム初実戦となる9日(同10日)の紅白戦出場を視野に調整を行っていく。

 前オリックスの金子や前台湾ラミゴの王柏融(ワンボーロン)を補強して戦力が充実しただけに栗山監督は「勝ち切らなければいけない。選手も分かっていると思う」と3年ぶり頂点を見据える。吉田輝ら沖縄の2軍組は映像などで動きをチェックする意向で「ここも向こうも、年齢も関係ない」と力を込めた。(スコッツデール・山田 忠範)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月2日のニュース