阪神・矢野監督 巨人の大補強に苦笑「やりすぎ。そこまでやるか」

[ 2018年12月13日 08:32 ]

阪神・矢野監督
Photo By スポニチ

 阪神の矢野燿大監督(50)が12日深夜放送のMBS「戦え!スポーツ内閣」(水曜後11・56)に出演。今オフに大補強を敢行したライバルの巨人について言及した。

 ゲスト出演した矢野監督は目指すチーム像を問われ、「僕らプロなんでファンを喜ばせたいという思いがある」と宣言。「(選手は)指示待ちじゃなくて、常に自分でアンテナを立てて欲しい。(今季)2軍でやってきたことを1軍でもやりたい。動く時はもちろん動きますし、こうした方がファンの人は喜ぶんじゃないかなって頭は置きながら作戦をやっていきたい」と力強く語った。

 また、補強の話題になると、大補強を敢行した巨人のファンで知られる「ブラックマヨネーズ」小杉竜一(45)が「獲れるものはがんがん獲った方がいいですからね」と持論。これに矢野監督は「笑っちゃいました、やりすぎで」と苦笑いを浮かべ、「そこまでやるか、マジかって」と本音。小杉は「あともうちょっと行きたかったですけど」と笑っていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月13日のニュース