ヤクルト・中村 今オフチーム初の保留 来季FA権を取得、複数年を提示され「じっくり考えたい」

[ 2018年12月13日 15:06 ]

複数年を提示されたものの契約更改を保留した中村悠平(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの中村悠平捕手(28)が13日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、保留した。チームでは今オフ初の保留者となった。

 「(サインは)していません。球団の方から複数年を提示され、来年FAということもあってもう少し自分の中で考えたい。一度話を持って帰って、じっくり考えたいと思った」と説明した。

 プロ10年目の今季は、123試合の出場。順調なら来季中に国内FA権を取得する。「今後の自分の野球人生に影響が及ぶこともあると思う。僕一人では決められることではなく家族もいる。揉めているとかではなく、考えたい。球団からの複数年はとてもありがたい」と中村。次回交渉は来年となる見込みだ。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年12月13日のニュース