西武ドラ1・松本航「新人王を目指して頑張る」菊池の背番号「17」継承

[ 2018年12月13日 17:20 ]

<西武新入団会見>入団会見でポーズをとる(前列左から)森脇、粟津、渡辺、松本航、山野辺、牧野(後列同じ)中熊、東野、辻監督、佐藤、大窪(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 西武の新入団選手発表会が所沢市内で行われ、ドラフト1位の即戦力右腕・松本航投手(日体大)があらためて新人王を目標に掲げた。

 背番号は、今オフにメジャー移籍する左腕エース・菊池が入団時に背負っていた「17」に決定。「素晴らしい選手が付けていた番号。西武の17は松本だ、と言われるように頑張る」と力を込めた。

 ドラフト指名後は、母校・明石商で教育実習を行った。保健体育の授業を行い「伝える難しさを感じた。教壇にも立てて、新たな気持ちで頑張ろうと思ったし、いい経験だった」

 その菊池が抜けることで、穴を埋める活躍が期待される。「まずは体作りをしっかりして、少しでもチームの力になれるように。新人王を目指して頑張る」と誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月13日のニュース