社会人野球表彰式で阪神ドラ1・近本が誓い新た「プロの立場でも社会人野球を盛り上げていきたい」

[ 2018年12月13日 16:57 ]

<2018年度 社会人野球表彰>表彰された(前列左から)日本生命・藤井、日立製作所・岡崎、日本生命・原田、JR東日本・東條、三菱重工名古屋・勝野、NTT東日本・大竹(後列同)大阪ガス・近本、三菱重工神戸・高砂の那賀、JFE西日本・三木、パナソニック・片山(撮影・大塚 徹)  
Photo By スポニチ

 2018年度社会人野球表彰(主催・日本野球連盟、共催・スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社、協賛・シチズン時計)の授賞式が13日、KKRホテル東京で行われた。

 ベストナイン外野部門を受賞した阪神ドラフト1位の大阪ガス・近本光司外野手(24)や年間最多勝のタイトルを獲得した中日ドラフト3位の三菱重工名古屋・勝野昌慶投手(21)らが出席した。

 近本は「ベストナインを目標に頑張ってきたので、とてもうれしいです。来年から夢を売る仕事につくが、プロの立場でも社会人野球を盛り上げていきたい」と挨拶した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月13日のニュース