張本氏、有藤氏の両選考委員 女房役2人に「あっぱれ」

[ 2018年12月13日 05:30 ]

スポニチ制定「2018プロ野球最優秀バッテリー賞」表彰式 ( 2018年12月12日 )

選考経過を報告する張本氏(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 表彰式には選考委員の張本勲、有藤通世の両氏(ともにスポニチ本紙評論家)が来場。張本氏は「プロ野球にはいろいろな賞があるが、(捕手に脚光を当てる)バッテリー賞は玄人好み。森、会沢は捕手として今季の成績を残すのは大変」と女房役2人を「あっぱれ」と称えた。

 捕手の受賞は伊東(西武)、古田(ヤクルト)、阿部(巨人)の6度が最多。有藤氏は「会沢は30歳か。あと5回は続けていけるだろう。捕手は35、36歳で一番味が出る」とエールを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月13日のニュース