阪神ドラ1近本 今年の漢字は「変」 人生変わって環境変わって虎を変える

[ 2018年12月13日 05:30 ]

今年の漢字「変」を色紙に書き込む近本(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト1位・近本は、日本漢字能力検定協会が決定する今年の漢字が発表された12日、自身の今年の漢字に『変』を選んだ。「結婚もありましたし、大阪ガス初の都市対抗優勝とか僕の中で初めてのことが多くて。日本代表とか今までの生活が変わった。環境も変わりましたし」と選択理由を説明した。

 ドラフト指名から1カ月半が経過し気持ちにも変化が見られる。「野球に対する取り組み方を変えたい。プロになるのでプロフェッショナルにならないといけない。試合で結果を出すことが目標で、そのためにはレギュラーで出ること。そのためにはケガなくシーズンを迎えることと考えていくと、一番にやるのは体をつくること。全体的にレベルアップしていきたい」。守るべき家族もでき、プロの世界に飛び込む自覚と覚悟も十分。近本が猛虎の「変革」に力を注ぐ。(長谷川 凡記)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月13日のニュース