ZOZO前澤氏は「大変律義な方」 球団保有当面断念受け斉藤コミッショナー

[ 2018年12月13日 05:30 ]

ZOZOの前澤社長
Photo By スポニチ

 プロ野球の斉藤惇コミッショナー(79)は12日、衣料品通販大手ZOZOの前澤友作社長(43)から球団保有を当面、断念するとの意向を伝えられたと明かした。

 「数日前に会いました。内容は(前澤社長の)ツイッター通り。大変律義な方でした」。前澤社長が球団保有に意欲を示した夏にも会談したとし「球団保有の気持ちは強いのだろうけれど(今回は)正式に申し込んできたわけではない」と話した。前澤社長は11日に自身のツイッターで「近々での球団保有はいったん断念することにした」と明らかにしていた。

 ▼ロッテ・林信平球団本部長(本拠地球場の命名権を含め)ZOZOは最大のスポンサーですから。引き続きマリーンズを応援していただきたい。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月13日のニュース