ラミ監督 ソト二塁起用で超攻撃的布陣プラン「勝つために点を」

[ 2018年12月13日 05:30 ]

DeNAのソト
Photo By スポニチ

 DeNA・ラミレス監督は、今季本塁打王に輝いたソトを来季は基本的に二塁で起用するプランを明かした。本職は右翼だが「二塁を守ることになるだろう」と説明。今季は、一塁で22試合、二塁で22試合、右翼で61試合にスタメン出場した。41本塁打を放った打力を最大限に生かすために「超攻撃的」な布陣が来季の基本形となりそうだ。

 ナショナルズ2Aハリスバーグに在籍していた昨季も二塁で10試合に出場した経験がある。指揮官は「野球は点を取らないと勝てない。勝つために点を取る必要がある」とし、守備力には目をつぶって得点力を重視する。今季も二塁で出場した場合は終盤に右翼へ回り、二塁には守備固めで柴田が入るパターンが目立った。ソトを二塁で起用できれば、右翼が本職の梶谷と併用して打線に厚みが出るメリットがある。2月の沖縄キャンプで正遊撃手・大和との連係の精度を高める。 (重光 晋太郎)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月13日のニュース