元巨人・辻内氏 女子プロ野球・埼玉アストライア監督退任「ご期待に添えることが出来ず…」

[ 2018年12月13日 15:15 ]

アストライアの辻内監督
Photo By スポニチ

 元巨人投手の辻内崇伸氏(31)が今季から務めていた女子プロ野球「埼玉アストライア」の監督を退任、チームを退団することになった。埼玉アストライアが13日、発表した。

 辻内氏は大阪桐蔭高から2005年の高校生ドラフト1位巨人入り。13年に現役引退後、翌14年にアストライアのコーチとして指導者のキャリアをスタートさせ、アストライアのヘッドコーチなどを経て今季から監督に就任していた。

 辻内氏は球団を通じて「女王連覇を目指したシーズンでしたが、ファンの皆様のご期待に添えることが出来ず、悔しく、また申し訳ない気持ちでいっぱいです。2014年から5年間、女子プロ野球選手の指導に携わらせていただけたのは、私の人生の中でも貴重な経験であり光栄なことでした」などとコメントしている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月13日のニュース