ソフトB中村晃、技あり打で好機広げた 優秀選手賞「みんなで勝ち獲った」

[ 2018年11月4日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ第6戦   ソフトバンク2―0広島 ( 2018年11月3日    マツダ )

4回無死一塁、中村晃は左前打を放つ(投手・ジョンソン=撮影・大森 寛明
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・中村晃は4回無死一塁から左前打でチャンスを広げ、先制点となる西田のスクイズをお膳立て。第3戦で球団タイ記録となるシリーズ3度目の決勝打を放っており、優秀選手賞に輝いた。「みんなで勝ち獲った賞。還元できれば」と感激の面持ち。

 今季は自身初の2桁となる14本塁打とパンチ力が増した。「オフに整理し、来年はもっといい打撃がしたい」と求道者はもう先を見据えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月4日のニュース