北別府さん 虚脱感に襲われ海辺へ スケジュール表の「優勝特番予定」消しゴムで消えず×マーク

[ 2018年11月4日 14:57 ]

北別府学氏
Photo By スポニチ

 広島のエースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(61)が4日、自身のブログを更新。古巣・広島が1勝1分けの優位から4連敗を喫して日本シリーズ敗退が決定してから一夜明けた切ない心境をつづった。

 前夜は試合中に10度も怒とうのブログ更新をして後輩たちに熱いエールを送り続けた北別府さん。球団史上初めてセ・リーグ3連覇を果たしながら34年ぶりの日本一という悲願が叶わなかったことが相当こたえたようで、まずは朝に「虚脱感」のタイトルで更新したブログで「今日は一日寝てやろうかと。なんか虚脱感、脱力」と喪失感を記した。

 さらに、当初は第7戦が予定されていた4日のスケジュール表には「優勝特番予定」の文字が。だが、「消しゴムで消せずイラっ」と北別府さん。「結局×マーク」と「優勝特番予定」の文字をバッテンで消した悲しいスケジュール表の写真をアップした。

 そこから傷心の”二度寝”に入ったのかと思いきや、午後には再びブログを更新。「予定も空きハンバーガーを買い瀬戸内海を見ながら食べた」と「ボーッとするのに良い場所」でハンバーガーを口にしたことを明かした。「何も考えたくない時に時々くる場所」だという海辺に1人たたずむ背中の写真には哀愁が。元大エースも全国の鯉党と同じく必死に虚脱感と戦っているようだ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年11月4日のニュース