早実 センバツ絶望的 和泉監督「もっとレベルを上げたい」

[ 2018年11月4日 05:30 ]

秋季高校野球   早実0―3東海大菅生 ( 2018年11月3日    神宮 )

 早実は相手を上回る8安打を放ちながらも1点が遠く、来春センバツ出場は絶望的となった。

 相手左腕の中村晃を攻略しきれず、和泉実監督は「対策は立てたが、あれだけ両サイドを攻められては…」と脱帽。清宮(現日本ハム)が最後の夏となった昨夏西東京大会決勝以来の対戦で、またも苦杯を喫したが「一冬しっかりやってもっとレベルを上げたい」と指揮官は前を向いた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月4日のニュース