創志学園 広陵にコールド負け 来秋ドラフト候補・西「甘さ出た」

[ 2018年11月4日 05:30 ]

秋季高校野球   創志学園0―7広陵 ( 2018年11月3日 )

 創志学園はコールド負けで2季連続の甲子園出場に黄信号がともった。来秋のドラフト候補である150キロ右腕の西が2回に1点を失い、8回には失策が絡むなど6失点。「自分の甘さが出てしまった。こういう結果になって申し訳ない」と言葉が少なかった。

 夏の甲子園では創成館(長崎)との1回戦で16奪三振で完封勝ちした右腕を攻略した広陵の中井哲之監督は「ストライクを取りにくる球を打とうという指示を、打線がよく守ってくれた」と満足そうだった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月4日のニュース