ソフトBグラシアルが貴重ソロ 来季は「また日本でプレーできれば」

[ 2018年11月4日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ第6戦   ソフトバンク2―0広島 ( 2018年11月3日    マツダ )

5回2死、左越え本塁打を放ち指を立てグラウンドを回るグラシアル(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・グラシアルが1―0の5回にポストシーズン初となる本塁打を放った。追い込まれながらも、ジョンソンの低めのチェンジアップを左翼席に運び「崩されたけど、打った瞬間に行ったと思った」と誇らしげに話した。

 今季加入したキューバ出身の右打者。後半戦にチームの巻き返しに大きく貢献。「チャンピオンになるためにやってきて、結果が残ってうれしい」とし、来季について「また日本でプレーできれば」と意欲を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月4日のニュース