PR:

秋季高校野球全地区大会終了 来春センバツ出場校 関東・東京6枠目、中四国5枠目はどこに

<東海大菅生・国士舘>国士舘に敗れ、肩を落とす中村晃(中央)ら東海大菅生ナイン(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 第91回選抜高校野球(来年3月23日から12日間、甲子園)の選考資料となる秋季東京都大会は4日、神宮球場で決勝を行い、国士舘が東海大菅生の猛追を振り切り10年ぶり6度目の優勝。10年ぶり9度目のセンバツ出場が当確となった。また、近畿大会は龍谷大平安、中国大会は広陵が優勝し、この日で全10地区の秋季大会が終了。各地区優勝校は9日開幕の明治神宮大会に出場する。センバツ出場校は来年1月25日の選考委員会で決まる。

 来春センバツの出場枠は一般選考28、21世紀枠3、神宮大会枠1で計32校。各地区の枠は北海道1、東北2、関東・東京6(関東4・東京1。残りは両地区を比較して割り当て)、東海2、北信越2、近畿6、中国・四国5(中国2・四国2で残りは両地区を比較して割り当て)、九州4。

 関東・東京の残り1枠は、152キロ左腕の及川を擁する横浜や佐野日大、1回戦で優勝校・桐蔭学園に逆転サヨナラ負けを喫したが強力打線が売りの常総学院と、好左腕・中村晃を擁する東京準優勝・東海大菅生との比較となりそうだ。

[ 2018年11月4日 18:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月19日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム