ソフトB、本多に1軍内野守備走塁コーチ就任要請へ GG賞2度の実績

[ 2018年11月4日 06:10 ]

ソフトバンク・本多(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが今季限りで現役を引退する本多雄一内野手(33)に、来季から1軍の内野守備走塁コーチの就任を要請することが3日、分かった。通算342盗塁をマークし、二塁守備でも2度のゴールデングラブ賞を受賞した本多に指導者としての白羽の矢が立った。

 本多は今季の本拠地最終戦となった10月6日の西武戦(ヤフオクドーム)に「1番・二塁」で先発出場し、2安打を放ってファンに別れを告げた。引退会見では「指導者に回れることがあれば、経験を生かして前に進みたい」と話していた。今季は2軍暮らしが続く中で若手にアドバイスを送るなど、球団は指導者としての資質に期待を寄せている。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年11月4日のニュース