ベイ打撃革命!日本初の新兵器導入 スイング全てデータ化

[ 2018年11月4日 05:30 ]

ブラストモーションを装着したバットを持つDeNA・佐野
Photo By スポニチ

 DeNAは奄美秋季キャンプで新兵器を導入した。バットのグリップエンドに装着してスイング軌道などをデータ分析できる「ブラストモーション」というハイテク機器で12球団では初めて本格運用をスタートさせた。既にメジャーでは複数の球団が導入。

 ラミレス監督は「キャンプ中に全選手に使わせてコーチ陣もデータを共有する」と説明した。スイングの速度や角度、ミートポイントなどが数値化され、タブレット端末で瞬時に確認できる。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年11月4日のニュース