PR:

平安 下克上V 京都3位から近畿の頂点へ 原田監督「元気のあるチーム」

秋季近畿大会決勝   龍谷大平安2―1明石商 ( 2018年11月4日    ほっともっと神戸 )

<龍谷大平安・明石商>延長12回2死満塁、サヨナラで近畿大会優勝を決め、喜びを爆発させる龍谷大平安ナイン(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 来春選抜大会の重要な選考資料となる秋季地区大会が各地で開催された。近畿大会は決勝があり、龍谷大平安(京都3位)は延長12回サヨナラで明石商(兵庫1位)を破り、5年ぶり6度目の優勝を飾った。

 龍谷大平安は1点を追う延長12回2死満塁から3番・多田龍平捕手(2年)がスライダーをとらえ、右前打。二者が生還し、サヨナラ勝ちを決めた。

 先発した左腕の野沢秀伍投手(2年)が12回を被安打11の1失点と力投。原田英彦監督は「元気と気持ちのあるチーム。この大会まで投手の軸がいなかったけど、野沢が軸になってくれた。よく投げてくれた」と背番号11をねぎらった。

 龍谷大平安は9日開幕の明治神宮大会出場を決め、初戦で札幌大谷(北海道地区代表)と対戦する。

[ 2018年11月4日 15:52 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月14日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム