PR:

“史上最低”国士舘10年ぶり6度目V 東海大菅生を振り切る 永田監督「奇跡に近い」

秋季高校野球東京都大会決勝   国士舘4―3東海大菅生 ( 2018年11月4日    神宮 )

<東海大菅生・国士舘>国士舘先発・白須(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 国士舘が1点差を逃げ切り、東海大菅生を下して10年ぶり6度目の優勝。10年ぶりセンバツ出場が当確となった。11月9日からは明治神宮大会に出場する。

 初回、4番・黒沢孟朗内野手(1年)が左前適時打。7番・鎌田州真内野手(1年)が走者一掃の右中間適時三塁打で4点を先制。3回以降は無安打と追撃はできなかったが、先発の白須仁久投手(2年)と山崎晟弥投手(2年)の継投で東海大菅生の猛追を振り切った。

 永田昌弘監督は「史上最低のチームと言っていた。ここまで来れたのは奇跡に近い。選手がよくついてきてくれた」と称えた。

[ 2018年11月4日 14:32 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月18日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム