ロッテ・福浦M2!2カ月ぶり左前打で通算1998安打

[ 2018年9月19日 19:22 ]

パ・リーグ   ロッテ―ソフトバンク ( 2018年9月19日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>2回2死一塁福浦は左前打を放ち、舌をペロリ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 通算2000安打へ残り3本として19日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)を迎えたロッテ・福浦和也内野手(42)が、通算1998本目のヒットを放った。

 0―0で迎えた2回2死一塁の第1打席、松本裕の140キロを流し打ち、三遊間の真ん中を破る左前打。

 16日の楽天戦(同)以来3試合ぶりの安打に福浦は「打ったのはストレートです。ほんと、久々にレフト方向にヒットが出たよ。三遊間が大分空いていたしね。まずは1本出て良かった」と話した。左前への安打は7月18日の楽天戦(同)以来約2カ月ぶりだった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月19日のニュース