日本ハム・杉谷 恒例の「いじり」受ける「想像を絶するそれなりの打球が…」

[ 2018年9月19日 19:13 ]

日本ハムの杉谷
Photo By スポニチ

 日本ハムの杉谷拳士内野手(27)が、今季レギュラーシーズン最後のメットライフドームでの西武戦の試合前練習で、ウグイス嬢から恒例の「いじり」をうけた。

 「練習中、杉谷選手が繰り出す大きな打球や、想像を絶するそれなりの打球がスタンドに入ることがございます。大変危険ですので、皆さまどうぞ最後まで目を離さずに。破壊力抜群のその笑顔と、打ち上がりました打球の行方には十分ご注意下さい」と切り出すと、場内から笑いと温かい拍手が起こった。その後、杉谷が右打席から左越えに柵越えを放つと、間髪入れずに「杉谷選手、ホームランでございます」とアナウンスが入り、再び爆笑が起こった。

 打撃練習が終わると「以上、杉谷選手のバッティング練習でした。次回は主力のレギュラーで。またのお越しを楽しみにしております」。敵味方関係なく、ファンから温かい拍手を送られた杉谷はアナウンス室に向かって深々と一礼し、笑顔で引き揚げていった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2018年9月19日のニュース