東洋大 ドラ1候補・上茶谷、今季初黒星「むっちゃ悔しい」

[ 2018年9月19日 13:49 ]

東都大学野球秋季リーグ戦第3週第1日 1回戦   亜大5―2東洋大 ( 2018年9月19日    神宮 )

<亜細亜・東洋>東洋・上茶谷大河
Photo By スポニチ

 ドラフト1位候補、東洋大の上茶谷大河投手(4年=京都学園)が亜大戦に先発、4失点(自責1)で今季初黒星を喫した。

 1回、簡単に2死を取りながら3番から3連続四球。その後、二ゴロ失策、中前タイムリーを浴び3点を失った。この失点が響いての敗戦。上茶谷は「強打者が続くので丁寧にいきすぎた。守りのリズムも悪くしてしまった」と反省しきり。3回からストレートも走り出し、本来の投球を取り戻した。

 「中盤から腕が振れてきた感覚はありました。1回戦は責任があるのに負けて、むっちゃ悔しいです。あす勝って3回戦こそしっかり投げたい」と雪辱を期していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月19日のニュース