【ファーム情報】阪神 ソフトバンクに勝ち20日にもリーグ優勝

[ 2018年9月19日 22:12 ]

 プロ野球のファームは19日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 ウエスタン首位の阪神は、ソフトバンク戦(鳴尾浜)に3―0で勝利。この結果、20日にもリーグ優勝が決まることになった。先発・岩田が7回2安打無失点の好投で6勝目(1敗)。島田が2安打2打点。ソフトバンク先発・渡辺健は4回2/3を4安打3知ってで1敗目(3勝)を喫した。

 中日は広島戦(ナゴヤ)の延長10回、7―6でサヨナラ勝ち。1死満塁から一番・渡辺がサヨナラの中犠飛。渡辺は初回に先頭打者本塁打となる2号ソロを放っており、最初と最後に打点をマークした。先発・山井は6回0/3を9安打6失点(自責0)。広島先発・九里は4回6安打4失点だった。

 日本ハムは西武戦(鎌ケ谷)に4―0。先発・田中瑛から5投手の完封リレーだった。3番手・西村が2回無安打無失点で1勝目(2敗3セーブ)。谷口が4回に2号2ランを放った。西武先発・高橋光は4回1安打2失点で2敗目(2勝)。

 ロッテは楽天戦(ロッテ浦和)6―1。7回に金沢が1号3ラン、8回にドラフト1位・安田が11号ソロを放った。先発・成田は3回1安打無失点。4番手・永野が1回無安打無失点3奪三振で2勝目(4セーブ)。楽天先発・近藤は6回3安打2失点で6敗目(5勝)を喫した。

 18日に4年連続のイースタン優勝を決めた巨人は、DeNA戦(平塚)に2―0。先発・桜井は7回3安打8奪三振無失点。1回無安打無失点の2番手・高木が4勝目(1敗)を挙げた。DeNA先発・飯塚は5回3安打無失点で6奪三振。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2018年9月19日のニュース