法大 向山V打で勝ち点 「寮生活改め」3戦連続9回にドラマ

[ 2018年9月19日 05:30 ]

東京六大学野球第2週最終日   法大2―0明大 ( 2018年9月18日    神宮 )

<明大・法大>9回1死二塁、法大・向山は決勝タイムリーを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 3回戦1試合が行われ、法大が明大を下し、2勝1分けで勝ち点を2に伸ばした。0―0の9回に主将の向山基生外野手(4年)が決勝の中前打を放つなど2得点を挙げ逃げ切った。

 接戦を制した。0―0で迎えた9回1死二塁。3番・向山が森下暢の投じた2球目133キロのカットボールを中前にはじき返し二塁走者が生還。相手失策も重なって三塁まで進塁した向山は右手を大きく突き上げた。

 「初球と同じ球が来たので何も考えずいきました」

 16日には9回に追いつく引き分け、17日はサヨナラ勝ち。終盤の底力で2カード連続勝ち点に青木久典監督は勝因を「寮生活を改めたこと」と話す。今春は6敗中4試合が1点差負けでリーグ5位。直後から全員で掃除やスリッパ並べを行う。今秋は開幕から接戦をものにし、主将は「春とは雰囲気が違う。このまま一つも落とさずに完全優勝したい」と12年秋以来の頂点を見据えた。(武本 万里絵)

 ▼明大・善波達也監督(打線が振るわず零敗に)何もかもうまくいかなかった。次(慶大戦)に向けて練習します。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月19日のニュース