ソフトB 代役で追走 川島V犠飛&高田3安打!傷だらけチーム救う

[ 2018年9月19日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―2ロッテ ( 2018年9月18日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>9回1死満塁、代打・川島は勝ち越しとなる右犠飛を打つ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 打席に向かうソフトバンク・川島は、こんなことを考えた。「打ったらヒーロー、打てなかったら地獄」。2―2の9回1死満塁で代打登場。プレッシャーを集中力に変え、勝ち越しの右犠飛を放った。

 「(西武に)3連敗してめちゃめちゃ悔しかった。全部勝つつもりで」とお立ち台で声を張り上げた。

 柳田が左側頭部打撲で離脱し、左足を痛めた今宮も出場選手登録を抹消。13年目のベテランはチームを離れた柳田に告げた。「上がってくるときに、いい戦いができるようにしておくから」。首位・西武に優勝マジックが点灯しても、6・5ゲーム差を諦めずに追う決意表明でもあった。

 「(優勝が)決まるまで、もし決まっても一生懸命やることは変わらない。(気持ちが)出てないやつがいたら2軍に行ってもらいたいくらい。そんなやつはいないですけど」

 9回1死一塁の守りでは、角中が右翼フェンス直撃の打球を放ったが、一塁走者の中村が二塁でストップしていた。一塁を守っていた川島は遊撃手の高田から送球を受け、一塁を回った角中にタッチ。三塁進塁を狙った中村の動きも見逃さず、三塁手・松田宣に素早く送球し試合を終わらせた。

 今宮の代役で昇格した高田も今季初の3安打。「何とかチームに貢献しようと思っていた」と胸を張った。悪天候で8回表終了後に38分間の中断があったが、西武戦からの悪い流れを断ち切る逆転勝ち。工藤監督は「雨の中、集中してやってくれた。みんなの思いが出た」と粘りを称えた。 (川島 毅洋)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月19日のニュース