金足農 来春センバツ絶望 秋季秋田大会準々決勝で敗れる

[ 2018年9月19日 05:30 ]

秋季高校野球秋田大会準々決勝   金足農3―5横手 ( 2018年9月18日    さきがけ八橋 )

 秋田市のさきがけ八橋球場で18日行われた秋季高校野球秋田県大会の準々決勝で金足農が横手に3―5で敗れ、来春のセンバツ出場は絶望的となった。

 センバツの選考につながる秋季東北大会の出場を逃した。今夏の甲子園では吉田輝星投手(3年)を擁し、準優勝。3点を先行され、一度は追い付いたが、9回に勝ち越しを許した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2018年9月19日のニュース