DeNAドラ1東 圧巻!11勝&“お得意様”巨人戦5戦5勝 7回2死まで完全投球もマギーに被弾

[ 2018年9月19日 20:35 ]

セ・リーグ   DeNA6―1巨人 ( 2018年9月19日    東京D )

<巨・D>力投するDeNAの東(撮影・荻原 浩人)                                                                                                                                            
Photo By スポニチ

 DeNAが快勝して4位に浮上した。ドラフト1位の東克樹投手(22)が、巨人戦で7回2死まで走者を一人も許さない完全投球。マギーにソロ本塁打を浴びて大記録はついえたが、8回を1安打1失点に抑えて11勝目(5敗)を挙げた。巨人戦はデビューから5戦5勝と“お得意様”状態だ。

 1番から8番まで右打者の野手を並べた巨人打線を手玉に取った。切れのある直球とチェンジアップで凡打の山を築く。6点リードの7回2死走者なしからマギーに右翼席に運ばれ8回で交代したものの、圧巻の1安打投球だった。

 巨人戦はデビューから5戦5勝。プロ野球史上初となる自身の記録を更新した。11勝目を挙げ、防御率も巨人・菅野の2.48に迫る2.55で単独2位に浮上。新人王との2冠も射程圏となる快投だった。

 チームは2連勝で3位・巨人に0.5ゲーム差に肉薄した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月19日のニュース