阪神・矢野2軍監督 甲子園でV決める 20、21日聖地開催

[ 2018年9月19日 05:30 ]

阪神の矢野2軍監督
Photo By スポニチ

 阪神の矢野2軍監督は18日、2010年以来、8年ぶりのウエスタン・リーグ優勝を甲子園で決めることを誓った。

 「(球場の変更は)球団に気をつかってもらったのでね。せっかく、チャンスがあるのでね。タイガースファンも喜んでくれると思うので、早くという気持ちはある」

 19日から4ゲーム差をつける2位ソフトバンクとの直接対決3連戦で2勝すれば優勝が決まる。当初はすべて鳴尾浜球場での開催予定だったが、優勝の可能性がある20、21日は甲子園に変更された。

 19日の初戦に勝てば優勝へのマジックナンバー「2」が、引き分けでも「3」が点灯する。2軍は1995年に鳴尾浜を本拠地としており、甲子園での胴上げとなれば64年以来、54年ぶりとなる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2018年9月19日のニュース