×

広島・野間に世界的歌手から仰天エール 登場曲“ノマ、ノマ、イェイ”つながり

[ 2018年9月19日 08:13 ]

広島の野間
Photo By スポニチ

 広島・野間峻祥外野手(25)に世界から仰天エールが届いた。登場曲の「恋のマイアヒ」を歌うダン・バラン(元O―Zone)が来日し、赤いビジター用ユニホームを着て16日のヤクルト戦(神宮)を観戦。野間への感謝の言葉と応援風景を動画にしてツイッターに投稿した。

 「“Hi野間さん”と出てきたのでビックリ。神宮に来られたのは知らなかったけど、ありがたいです」

 本人が興奮気味に振り返る。18日の朝、インスタグラムでカープ関連を「たまたま」検索したらヒットしたという。この日は本拠地での全体練習に参加。ナインに報告すると、「スゴいな」と驚きの声が数多く上がった。

 とりわけ敏感に反応したのが新井だ。「球場に来たら、アイツから“ボクも世界的に認知されました”と言って、ツイッターを見せてきた」と説明。「スゴいと思うし、当然かな…とも思うし、野間さんがどんどん遠い存在になって寂しい」といじり、周囲を笑いの渦に包み込んだ。

 優勝マジックは4。チームの3連覇は目前だが、野間には規定打席(443)到達という目標がある。自己最多を更新し、積み重ねた打席は383。残り15試合で60打席、1試合平均4打席が必要だが、連続23試合に伸びた1番での先発出場が続けば十分可能だ。

 「変な打席内容が続いたり、打たなかったら、次の試合に出られるかわからない。1試合1試合、1打席1打席に集中し、結果、規定打席に乗ればいい」

 世界的なミュジーシャンから送られたエールを胸に、野間は個人目標をクリアしてセ界的なスターを目指す。(江尾 卓也)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年9月19日のニュース