東洋大のドラ1候補トリオ上茶谷、甲斐野、梅津がプロ志望届提出

[ 2018年9月19日 18:15 ]

東洋大の(左から)上茶谷、甲斐野、梅津
Photo By スポニチ

 全日本大学野球連盟は19日、ホームページ上でプロ志望届提出者を更新し、今秋ドラフトで1位候補となっている東洋大の上茶谷大河投手、甲斐野央投手、梅津晃大投手ら13人が新たに公式サイトに掲載された。

 また、今秋ドラフト上位候補の大商大・太田光捕手らも提出。大学生は計35人となった。

 日本高野連もプロ志望届提出者を更新し、今春センバツに出場した創成館(長崎)の川原陸投手、延岡学園(宮崎)の小幡竜平内野手ら6人が新たに掲載された。高校生は計61人となった。

 プロ志望届は10月11日に締め切られ、ドラフトは10月25日に行われる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月19日のニュース